次の日曜は手賀沼ハーフ/ついに雨の中走ることを覚えてしまった….

あっという間に時は流れて来週日曜は手賀沼ハーフ。

今日、やっと要項を読んで10:00スタートと知る。


まぁ、昨年も出てるんですけどね。
全く覚えてない。


あ、そうだ。こんな時のためのブログだ!


昨年の私の記録を見てみよう。
手賀沼エコマラソン レポ2

手賀沼エコマラソン レポ3

走る前までのレポ1は割愛します。



そうか、自宅出発が7時半ね。

さて、問題のペース。


フルでサブ3.5を狙ってみたいならハーフは100分切りなんだろうなぁ。

でも、それをするには444/kmで走らなきゃいけない。

私にはこのペースはムリムリ~~!!!

ここは自分の持久力を信じて、ハーフの設定を落とそう。
100分切りできなくてもフルで3.5できるんだってことを見せてやる~!!

というわけで松竹梅でいくと

松→1時間40分切り(4'44/km)

竹→1時間42分切り(4'50/km)

梅→自己PB更新(1時間42分53秒)(4'52/km)


これでいってみよう!

って、できるかな?ワタシ…



このところの長雨で外を走ることができません。

はじめのうちは「朝ランできないからゆっくり寝られるー」とがっつり寝てたんですが、ここまで長雨が続くと…

さすがに不安になります。

先日の皇居25kmといい、自宅スタートの30km走といい、運が良かったとしか言いようがない。その2日間だけは天気が良かった。


今週は本当に雨だらけ。金曜日に小雨が降ってたけど、早起きした私は走る気満々。

しばらく悩んだのち、雨装備的な感じで着替えて外に出てみました。


そしたら、雨音で想像するよりも弱い雨。


それに濡れても良い!って格好で出てるので濡れても気にならない。
雨がむしろ気持ちいい!

走ってみたら意外と良かったんです、これが。


翌日の土曜日。
これに味をしめて、仕事後の夕方、またいってみました。

しかし、そこは午後3時。時間帯的に地元住民の皆さんも活動中の日中みたいなもの。


そんな中で、雨の中走ってたら、

「雨の中走ってる可哀想な人」ってみられそうだし、

ましてや学校、保育園のママ友に会ってしまったら
「雨でも走る奇特な人」

と思われそう…


小心者の私は、普段なら走っていくいつもの周回コースまで車でいきました。

でも、行ったらね、雨ランしてるランナーさんが意外といるいる。

1.8km周回を見回す限り7人はいたんじゃなかろうか。

みんな黙々と走ってるし、こんな天気で走りに来てるくらいだからみんなペースが速い速い。5'30ペースで走っても、しゅーって抜かれる。


だから、私も対抗して1km×5本のインターバルしてやる~と思いましたが、やってみたら体が重くて…
3本で撃沈しました。

430-430-439

3本目で10秒くらい落ちて足が止まりました。


まぁ、それはさておき、雨ランいいねぇ。

あ、でも台風の時は走りませんよ。もちろんね。

雨でも走ることを覚えてしまったアラフォー女。


走り出した時のことを考えると…


思えば遠くへ来たもんだ。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナー(美ジョガー)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

100分切りできなくてもフルで3.5出来ますよ。
イイ感じに調子が上がっていると思いますのでイケイケドンドンです!!

マーマンさん

ありがとうございます!!

涼しくなってからペースが上がってきてるみたいです(*⁰▿⁰*)

自分でもなんとなく調子が上がってる感はあるので、行け行けドンドンで頑張ってみます〜^_^

あおmamaさんはスタミナ系な感じがするので、サブ3.5目安のハーフのタイムを仮にクリアできなくても問題ない気がします。

でもあおmamaさん、伸び盛りっぽいし、本番に強い印象だからな~。
目標設定、むずかしいところですね。

そうそう、私も雨のときは車で某公園に行きます。
やっぱりね、ご近所の目が気になりますよね…。

きぐまさん

私もね、スピードかスタミナかで言ったら、絶対スタミナだと思うんですよ。だってスピード出ないし。

でも、キロ450でハーフ走るの自体が練習では皆無。ましてや440なんて…別世界です。

不安だらけなはずなのに、なぜか緊張感ゼロ。
大丈夫かな…???

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あおmama☆

Author:あおmama☆
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ